記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏バテの原因は?

体の疲れというのは、
脳がつかれた」というサインです。
あらゆる疲労は脳の中にある自律神経の中枢が疲れることで起こるといいます。
疲労が蓄積した結果、自律神経の機能が低下して本来なら対処できるストレスに身体が対応しきれなくなるのといった状態がいわゆる「バテる」状態なのです。

特に夏は疲労を悪化させる要因が多く、これが夏バテを招くといわれています。
夏バテ
その要因とは、
暑さ
紫外線
寒暖差
の3つです。

暑さ・・・体温調節を担っている自律神経は、暑いと自律神経の働く負担が大きいので疲労します。
紫外線・・・夏は、紫外線が最も多くなるため、目から入る紫外線の刺激が脳に伝わり、自律神経のうち交感神経が優位になり疲れやすくなります。
寒暖差・・・外と室内の寒暖差で自律神経が急激な上下を繰り返し、何とか交感神経、副交感神経のバランスを保ってとうとします。こうした急激な切り替えで自律神経が疲弊するのです。


では、疲労回復には何が重要なのでしょうか?
それは「睡眠」です。
夏バテ予防や解消には「質の良い睡眠をしっかりとる」ことが最大のカギとなりそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。