記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃんと水分補給できていますか?

fc2blog_20170713132715364.png


人は尿、便、呼気や汗から、1日に2.、0~2、5ℓの水分を体内から失います。
人の体は水分がなければ、生命を維持することはできません。汗をかいたら水だけじゃなく塩分(ナトリウム)も補給することも必要です。理由は、一度に大量の水を摂取すると体内の電解質バランスを崩して、体調不良を引き起こしてしまいます。大量に汗をかいてナトリウムが失われた時、水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が下がり、これ以上ナトリウム濃度を下げないために水を飲む気持ちがなくなります。同時に余分な水分を尿として排泄しようとします。この状態になると汗をかく前の体液の量を回復できなくなり、脱水状態になってしまします。
~正しい水分補給について~
【飲むタイミング】
 寝起き、食感、就寝時、入浴前後、運動時、喉が渇く前に30分~1時間毎に摂取しましょう。日ごろから、喉が渇く前に
こまめに水分補給をこころがける習慣をつけましょう。
【飲む量】
 体重の1kgあたりの必要水分量目安は、子供50~100ml、成人30~35ml、65歳以上30~40m、体重50kgの成人の場合は最低でも約2、5ℓが目安ですが、食事から約1ℓ摂取される為、飲料水では約1.、5ℓの摂取を目安としてください。
【どのように飲む】
 一気飲みはせずに1回あたりコップ1杯が適量です。噛むようにしてゆっくり飲むとよいでしょう。
【適した飲み物】
 塩分と糖質を含んだ体液に近い飲み物を選びましょう。塩分や糖質が入ったものは吸収を早めてくれます。100mlあたりナトリウムが40~80mg、糖質が4~8gがよいでしょう。
【適さない飲み物】
アルコール、カフェイン飲料(コーヒーお茶類)、冷えすぎているもの

※注意 糖尿病、透析をされてる方、その他疾患で医者より水分量を制限されている人は医師の指示に従って摂取して下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。